お問い合わせ先

電  話 026-226-0086
受付時間 平日8:45~18:15
長野市若里1-5-26 長野県保険医会館内

羽田参議院議員と医療問題等で意見交換

9月15日に県保険医協会は、先の参議院議員選挙で当選した羽田雄一郎 議員(国民民主党)と上田市内の議員事務所で懇談し、協会からは宮沢会長、林副会長、事務局2名が参加した。懇談では消費税と社会保障財源、子ども 医療費や妊産婦医療費助成を含めた患者窓口負担の軽減、今後検討されている医療制度改革、マイナンバーの健康 保険証利用などを中心に話し合いが行われた。消費税に関して羽田議員は社会保障財源を確保しなくてはならないが、現在の経済状況や格差社会が拡大をしているなかで消費税を増税することについては反対していること、軽減税率についても格差を拡げる要因になるため国民民主党としても反対であると立場を示した。医療制度改革の関連で協会からは、登録制の「かかりつけ医」制度について、国は予算を抑えることを第一に考えており、フリーアクセス、自由開業性を無視し、医療をコントロールしようとしているなどの問題を訴えた。また羽田議員は長野県の医療について、災害に対して海の無い県の医療を充実することにより、防災の拠点として の海なし県というのを確立するべきだと考えている。そのために医療、インフラを充実させ長野県を防災の拠点にしていくべきと想いを語った。

医療運動, トピックス